⬇︎の写真は

ゴールデンレトリバーが手を使えたら

って 意味でした。

WITH MARIA の お客様の皆様は

考えたく ない

は な し ですね。

ゾワゾワ しますね。


面白い写真を。


image


旅行中に訪れた 小洒落た

image



高級韓食料理のお店で撮りました。



image


お料理も 上品で



image

美味しいお店で

image


来てる 他のお客さんも

割と、ちゃんとしてます。


image

若い綺麗なリッチ風な彼女でしたが

サンダルを脱いで あぐらです。(笑)

いいんですよ。日本ではNGですが。

文化の違いだから。私はやりませんよ。

ただ、文化だと 尊重します。


さて、


大陸と半島辺りでは ペットブームです。

お隣の国にも

ゴールデンを使ったCM も沢山あります。

とても良いイメージです。従順で賢く優しく可愛いく、素晴らしいイメージです。

でも、実は、そうでもなくて

何処かの団体が、注意を促す狙いで⬇︎の

地下鉄のCM を企画したのでしょうか?

文化の違いがあるから どんな風に一緒に暮らすか、向き合うかは 倫理観にまかせるしかないけど、やっぱり願う事は責任を持って生涯扶養家族にして欲しいです。

ブームの裏にある悲しい事、放棄する事、やめて欲しいですよね。

日本でも まだまだ ある事だから。



image


午前中でも暑かったソウルの信号待ちで出会ったモンモン。(ワンワン)


連れていたのは 若い大学生の男の子。

とても可愛いがってた様子で可愛いねーと褒めると喜んでた。

でもね、

アスファルトは暑いのよ、照り返すからね、

アンチオーバTを濡らして着せてね、帰ったらアニマストラスを飲ませてね等と

言いたいけど、隣の国のおばさんに説教されるのも国際関係悪くするだろうと遠慮して

写真撮らせてね

元気でねとだけ話して別れた。


image


日本のペット産業も 進出しているらしく富裕層には日本のは評判が良いらしい。そりゃーそーですよね。

どうか、お金儲けだけではなく 責任を持って家族として共に生きることで感じる幸せって素敵であると

押し付けて来て欲しいよね。