DSC01949


写心展を飾る多肉植物とハーブ達。

狭い空間に新鮮な空気が漂ってました。

自然の作る力って凄い。

かりのあさの先生作でした。

形を整えて作るって大変な作業です。



DSC01957


ご存じないと思いますが 今、北海道の人は

日本ハムファイターズが大好きな人が多いのです。

今年は不調の様子ですがこのチームが北海道に

もたらした効果は高いのです。

こちらのガッ君もファイターズのお洋服を着せられて(笑)

いやいや着ておりました。お似合いでしたよ。

我が家は選手の名前を言われても

誰?ってレベルなのでこの話は2度と出てこないでしょう。





DSC01959


可愛いー。ホントに可愛い。

この写心展に老犬大使が現れるのは

素敵な事です。


DSC01952


北海道の帯広の近くにお住まいのフィオ嬢です。

フィオ嬢の事とアルファーの事は皆さんの方が詳しくご存じだと思います。

いろいろな険しい道を歩いてきただけあって

なかなか堂に入ったお姿。落ち着いておりました。


DSC01955


写心展も7回目とか。だよね。あれ?違った?回数を重ねてきましたね。同じテーマなので普通なら意味や方向性が気になるのが普通の作品展だけどホタパパのは別物ですね。3回携わって5回観賞。家族の写心展です。綺麗な写真には家族はほとんど写っていないけど家族の様子がよく見えます。沢山のデーターの中から選んだ写心を家族の手紙が10年以上の月日を繋いでくれるので。切ないけど人間として大切な感情が1枚1枚の写心から受けました。この写心展の存在の意味を感じました。



フィオママさんと夜のすすきのでちょっとだけお話。

フィオの辛かった頃の事をliveで聞いて

今更遅いと思いつつ

フィオ達を救ってくれてありがとうと言ったら

シャイなフィオママさんが

逆です。こちらこそフィオ達にありがとう

なんですよ。って。



久しぶりに

うゎーって思った。

そう。そうなんです。

こちらこをお世話になっています。

ありがとうだった。

(ローちゃんにも・笑)


フィオを始めシニアとお過ごしの皆さま

健やかで静かな良い時間を沢山過ごせます様に。

祈っております。



DSC01947


ホタル嬢には会えなかったので。これで失礼。