皆さんこんにちワン。

最近この手の顔を我が家では『賢い顔』と呼んでおります。

ウマウマを目の前にすると『賢い顔』を披露してくれるマータン。

どうやら手術の麻酔による薬物中毒系のハイな後遺症を脱してくれた様子です。

病気見舞い昨日は台風も近づいてたので流石にだるい様子でした。

手術を頑張ってくれたご褒美は食べられそうな雰囲気だったので夕張破綻メロンを一口ウマウマさせることに。

 

 

夕張手術後はハイテンション→一日あけて爆睡なので何処か当たったかしら?とちょっと心配でしたがメロンを見せたら魂が甦ってくれました。良かったわ。

まだウマウマで釣られてくれるマータンの根性に感謝。

ほっとしました。

メロンわ〜ん

8月になると夕張破綻メロンもリーズナブルになります。

庶民の口にもマータンの口にも入りやすくなりました。

 

 

ノーマルに

まずはノーマルに頂き

 

 

 

オイオイ続いてお約束にかぶりついてと思ったら

 

 

 

お約束皮まで食べる勢いでした。

もちろん取り上げましたよ。

でもなかなか離さないのよね。

 

ひたすら寝るワンその後はまたひたすら爆睡でした。

今回の手術では

’愧罎砲△觧號端陝平道愨隋砲鮴攴。これを取り除くのに直系15cmほど毛を刈り込み10cmほど縦にメスが入りました。

胸脇あばら骨上にある最近発見した小さなしこり(小指の爪くらい)を切除。これも直径10センチほど毛を刈り込み7cmほどメスが入っています。

5い砲覆辰討い仁沼に出来ていた脂肪腫は組織を病理検査に出す為ちょっとえぐって取りました。切り傷ぐらいなので縫っていません。

じと足のふとももにある脂肪腫の細胞も病理に出す為、細胞検査しました。これは先生が自分で検査。1つ気になるのでこれは病理検査に出す事にしました。

兎に角、心臓の負担を考え麻酔を減らしたい、時間との戦いと思ってくれていた獣医さんは1時間以上はかけたくないと話していました。

当日マータンを病院に預けに行った時、何時もとは違う緊張感に包まれた病院でした。

スタッフの皆さんも緊張気味でした。

それを瞬時に察知したマータンはちょっとビビリンになってしまい床に座り込んで歩かなくなってしまったのよ〜。

それで以前の手術の時にお泊りした部屋じゃないトリミングルームに連れて行ってもらって大好きなスタッフさんにナデコしてもらていました。

私が居るとマータンも病院中も緊張感で張り裂けそうな雰囲気だったので『よろしくお願いします』と全スタッフにお願いして家に帰ってきました。

手術にかかった時間は40分。

先生もスタッフも頑張ってくれました。

もちろん

皆様から頂いた祈りが一番強力なパワーでした。

マータンと私とパパRにパワーを送ってくれてありがとうございます。

ゴロスリ1ゴロスリ2

 

 

 

 

背中が痒いワン

縫った傷口が痛いし痒いワンよ〜。

夕張メロンだけじゃ足りないワン。

ひたすら寝るしか無いワンね。

元気玉ありがとうワン。