13歳今日5月10日は13歳の誕生日です。

誕生日に何時も思うことはマータンへの思いもありますが

13歳まで生きられる体で産んでくれたマータンの母ゴルに感謝の気持ちです。

 

ありがとうワンきっとゴルブームの時期に沢山のゴルをこの世に売り出したブリーダーさんの下で苦しい犬生を過ごしたであろうマータンの産みのゴルを思うと胸がつまるの。もう虹の橋の向こうに居るだろうお母さんに今日はありがとうの気持ちを送ります。


マータンは近所のホームセンターのペットショップに居ました。

パパRが何時も休みになるとチェックに行っていたのです。

『またゴルが売られているから見に行こうよ〜』とパパR。

 

まったりワンゴルなんて飼うことになったら何処にも出かけられないと思っていた私は実は乗り気ではなかったのです。どうせ散歩からのすべては私がやらなくちゃ駄目だと解っていたのでネ。

その日もダイエット用の健康サンダルが欲しいからホームセンターに付き合って行っただけのはずでした。

 

でも可愛い4匹のゴル2ヶ月ちゃんがお団子になって寝ている姿を見たら言葉が出なかったわ〜。

パパR:『可愛いだろう。ちゃんとぼくが世話するから・・・飼ってもいい?』って子供みたいなセリフ。

パパRは当時の我が家のお家事情を踏まえてお外の庭で飼う考えでした。

私は家の中で飼いたいと思っていました。外飼いって実は楽な様でいろいろコミュニケーションとるのも大変だと解っていたので一番大事なところで意見の相違があったのです。

これを最初に煮詰めなくては飼われた子が可愛そうだと思い次の週末までお互い考える事にしたのよ。

洋犬(当時はそう思っていた)は家の中で一緒に暮らして良さが解ると思っていたしパパRにはその楽しさを知って欲しかったのよ。外に住んでても躾はしなくちゃいけないし世話や掃除は家の中と同じなのよ。『ワンの姿を見るだけでそこの家の中が全部解る』と世間様が言っているわと脅したわ。

寝るのが外か家かって事以外後は全部同じく手をかける事になるならテレビを見ているときに側で一緒に見てくれたら楽しいじゃないのよ〜とか言って納得させた様な記憶があります。(笑)

要は命のあるものには何処に居ても責任があるって覚悟して飼って欲しかったの。

とっても前向きに考え直してくれたパパR、その話合いをクリアーしてからは売れ切れていないか?ドキドキしてショップに行ったのよ。

まだ4匹とも売れ残っていたわ〜。

そしてマータンが我が家に来たのよ。マータンは来たと途端ウン○してくれたのよ。(笑)大者の証よね。

今は13年前には想像できないほどのマータンの命の重さを受けてとめているパパRと私です。

それだけマータンが私達夫婦に与えてくれた物が大きいって事なんです。

マータンにもありがとう。13歳のお誕生日おめでとう。

もう少しパパRと私の子供でいてくださいね。

 

キッチンマータンは今日もキッチンの見張り番を勤めてくれています。

日常、私とマータンにとって、このお決まりの事はとっても幸せな時間です。

 

 

キョロキョロ私が食事の仕度をしている間中、左右飛び交う食材をチェックです。

野菜をGETするのを待っています。

マータンの為に野菜を小さく切ったり茹でてあげちゃう私が悪いのよね。まぁ、今更遅いわよね。

 

GETアスパラをGETワンよ〜。

どうでもいいけどお誕生日のディナーの準備は出来てるワン?

とり農園さんから大きな鳥肉1羽買いましたよ〜。

手と足も付いたままの丸鳥さんが来ちゃったのよ〜。

ちょっとグロテスクだわ。欲しい人には嬉しいだろうけど私はとっても苦手な姿なの。

料理の道を諦めたのもこれが原因の一つだったわ。

それよりオーブンに入るかしらね?

今日はお誕生会ですよ〜。