With Maria

マータンは2008年11月29日14歳6ヶ月で虹の橋に渡りました。2代目ローズマリーは2009年4月25日生まれ。マータンの残した大切な沢山の想い出とパピゴルローズマリーのドタバタな成長を見守るBLOGです。

2014年09月

えとろ

image


レディースのズボンを着る男。

ピザ

image

ローちゃん、今日はピザ屋さんに行くんだよ。



image


ローちゃんには

無いんだけどね。

まだ色々あります。



image



ソウルの空港バス停にて

次のバスは17分後に着く予定と案内が出てます。

空港から乗るバス停には時刻表があるけどない。来たのに乗り、逃したら次のは30分後に来る予定なのだと理解するらしい。

日本式に何時何十分に来て何時に着く

に、慣れると この感覚は許せないけど

まあ、来たのに乗れと、そーゆーことだと理解すると楽なもので。


image


不親切な面もあるホテルだけど、綺麗で広くてそんなに高くない。


image


キッチンもあって冷蔵庫も大きくて。だからと言ってもちろん料理はしないけど。

image


鮑粥も美味しく


image


ルームサービスのキムチ鍋も真面目に美味しいくて良い事もあったけど他にも色々あったり。

だけど やっぱりなんか あったりするのがお外国。


楽天のプランでWiFiノーチャージで予約取ったけど一日2200円も取ると言われてチェックインの時、もめて面白かった。

フロントの姉さんは英語と韓国語しか話さない人で楽天の予約書を見せても読めない。2200円も払いたくないから楽天にクレームの電話して通訳と日本語が話せるホテルスタッフとの間で確認取れるまで24時間かかりました。

大した問題ではないから様子を見て楽天に任せてたけどホテル側のミスって事でもちろんWiFiはノーチャージに。でもホテルのスタッフは謝らないんだよねー。楽天は謝ってたけど。


日本人のおばさんは大声出して怒らないし人前では淡々とするけど

ふふふ。あっちこっちて色んな事、書いちゃうって思わないんだろうね。


とにかく食べる

とにかく食べるのはローちゃんではなく私だ。


image

一人で行くソウルは自由で良いけど

胃袋が一つしからないから

困る。


image


最近のソウルは小綺麗なお店が多くて


image


働くお兄さん達が普通にイケメンなのじゃ。


image


デパ地下のフードコートの冷麺は安くて美味し過ぎて一人旅にはベストなチョイスだったけど、田舎のおばさんは食券をタッチパネルで買ってカードで支払うのが大変だった。


image


ビビン麺。スープがシャーベットになってて食べているうち徐々にスープが融けて絡み合う絶品。

夜中11時に夕飯を食べる訳になり
ホテルのフロントに近所の食堂情報を求めたら、ホテルの向側は食堂街だから行って見てくれと有難い?答えになってない返事を頂き、マジ?じゃー行ってやろうじゃないか、と行ってみたら深夜でも開いている食堂が沢山あって普通にリーマンさん達が盛り上がって昼間みたいな雰囲気の中にあったお店のビビン麺でした。

ホテルに戻ってフロントに美味しい店があったわ、と報告したら

どや顔で

そーでござーましょう。と軽く言われた。もっと親戚にしろー。

歯みがき粉


image


チキンフレーバー ですが、

美味しくて歯みがきになりません。

風まち犬さん

image



風まち犬 さんに


バル街に続き、酒盛りに来たけど

お酒が飲めない私。

毎年恒例になった 9月病。

そんなのあるか?

うーん調子悪い。

いつもは6〜7時間睡眠だけど12時間は寝ても眠い。

image



今野さんの作るお料理は 美味しくて

これは 高級ハムカツ。

image


これは大人の為のお子様ランチ


image


最近、嵌ったのは

彼女の作るカレー。

毎回、違うカレーを色々と作ってくれる。

肉の煮込み、鯖カレー、豆のカレー、

などなど。家庭のカレーの様だけど

そーではない、ワザワザ食べに行きたいカレーなのです。

飲まないと、いろいろ、解っていいよね。

バル街

image


初秋の風物詩になった バル街。


image

市内近郊、遠くは東北、愛知などから参加した74のお店の中から5軒分、選んで



image
ワンドリンクとワンプレートを楽しみながら街を練り歩くイベント。


image


いつもは、行かないお店や

観光地を夜な夜な、一杯ひっかけながら、ホロ酔いで歩くのもなかなか楽しい。


image




夏でも ツリーとは。




image


22回目にして初参加。一軒の滞在時間は15分から30分、殆ど立食なのでなかなか辛い。

一体、何処に行ったら良いか解らなかったけど、何とかなりました。


因果応報

image



こんな酷い事をする人は

必ず、同じ目にあうのです。

絶対許せない。

ゴールデンレトリバーに

⬇︎の写真は

ゴールデンレトリバーが手を使えたら

って 意味でした。

WITH MARIA の お客様の皆様は

考えたく ない

は な し ですね。

ゾワゾワ しますね。


面白い写真を。


image


旅行中に訪れた 小洒落た

image



高級韓食料理のお店で撮りました。



image


お料理も 上品で



image

美味しいお店で

image


来てる 他のお客さんも

割と、ちゃんとしてます。


image

若い綺麗なリッチ風な彼女でしたが

サンダルを脱いで あぐらです。(笑)

いいんですよ。日本ではNGですが。

文化の違いだから。私はやりませんよ。

ただ、文化だと 尊重します。


さて、


大陸と半島辺りでは ペットブームです。

お隣の国にも

ゴールデンを使ったCM も沢山あります。

とても良いイメージです。従順で賢く優しく可愛いく、素晴らしいイメージです。

でも、実は、そうでもなくて

何処かの団体が、注意を促す狙いで⬇︎の

地下鉄のCM を企画したのでしょうか?

文化の違いがあるから どんな風に一緒に暮らすか、向き合うかは 倫理観にまかせるしかないけど、やっぱり願う事は責任を持って生涯扶養家族にして欲しいです。

ブームの裏にある悲しい事、放棄する事、やめて欲しいですよね。

日本でも まだまだ ある事だから。



image


午前中でも暑かったソウルの信号待ちで出会ったモンモン。(ワンワン)


連れていたのは 若い大学生の男の子。

とても可愛いがってた様子で可愛いねーと褒めると喜んでた。

でもね、

アスファルトは暑いのよ、照り返すからね、

アンチオーバTを濡らして着せてね、帰ったらアニマストラスを飲ませてね等と

言いたいけど、隣の国のおばさんに説教されるのも国際関係悪くするだろうと遠慮して

写真撮らせてね

元気でねとだけ話して別れた。


image


日本のペット産業も 進出しているらしく富裕層には日本のは評判が良いらしい。そりゃーそーですよね。

どうか、お金儲けだけではなく 責任を持って家族として共に生きることで感じる幸せって素敵であると

押し付けて来て欲しいよね。
Profile

マータンのママ

Recent Comments
QRコード
QRコード
Recent TrackBacks
Archives