With Maria

マータンは2008年11月29日14歳6ヶ月で虹の橋に渡りました。2代目ローズマリーは2009年4月25日生まれ。マータンの残した大切な沢山の想い出とパピゴルローズマリーのドタバタな成長を見守るBLOGです。

2009年05月

まだよ。

皆様が背中をドンドン押してくださるのでグラングランで倒れそうな私です。

そして

病んでいる私を心配して下さっていて感謝です。

でも答えはまだです。

パピ女子ゴルちゃんのブリーダーさんと連絡が取れて簡単な情報をGETすることが出来ました。

どうやら極小規模副業ブリーダーさんです。

ただ、母ゴルちゃんが

な、なんと9歳。

お〜い!シニアで産ませるなんて悪党だ!と思って説教したくなりましたが

「出来ねぇと思ったら出来ですまっでオラもビックリすたんだべぇ〜?」みたいな話。

「最近、ごーるでんは流行ってんのがい?」と逆に訊ねられたわ。

田舎のオッサンはなんだかなぁ悪気はないのだろうけど。と思いつつ

命がけで産んでくれた母ゴルちゃんを思うとあなたの宝物を大事に育ててあげたいと思ったり

このパピゴルが益々可愛く思えたり。

 

本来なら

マータンとの生活で得た知識で選ぶならパパRがどんなに強請っても

却下なのよね。

ノーブランドで高齢出産で副業ブリーダーさん。

お父さんゴルは4歳で40?。9歳のお母さんゴルは32?。

でかくなるわね。

血統が解らないからどんなお顔になってサイズになるか?想像もつかないけど

最後に「うぢの子は性格はいいよ」って。

この素朴なブリーダーさんと話していたら

不思議な事に

15年前にマータンを迎えた時みたいに

何も求めずが良く思えてきたのです。

経験も大事だけど

この経験を活かして育て付き合える私達ならどんな子でも良かったのよね。

また違う何かを学び感じて泣き笑いするのよね。

 

調べたり考えたりするのはもう止めます。

フィーリングで。

 

 

 

 

すっかりその気のパパR

a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オキシトシン不足で私が乗り気ではなかった為

パパRは一人で女子ゴル探ゴル活動中でした。

ペットショップさんに「女子ゴルが来たらすぐ教えて」とお願いしてきたそうな。

この女子ゴルちゃんは秋田から飛行機で羽田経由でここまで今日、来たそうです。

今回は参ったわ。

可愛いじゃないのよ〜。

抱っこしたら私のお腹の温度が気に入った様子で泣き止んだわ〜。

グググっと来ています。(笑)

b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パパRはすっかり・・・

その気です。

さ〜ど〜する。

 

天羽ちゃんのおうちにも

すばる君のおうちにも

さくらちゃんのおうちにも

ミルキーママさんのおうちにも

パピゴルが来たんだよね〜。

 

いや〜。どうしよう。困ったわ。

 

果てしない大空と

a

 

 

 

 

 

 

果てしない大空と広い大地のその中にマータンを眠らせてきました。

満開の八重桜の下に。

 

b

 

 

 

 

 

 

北の大地で生まれ育ち

この土地から一歩も外には出たことのないマータンですから

きっと喜んでいる事でしょう。

c

 

 

 

 

 

 

 

若い学生さんの笑い声を聞いたり散歩しているワン達を眺めたり

街の夜景も我が家も見下ろせる場所なので。

 

子供の頃、胡散臭いオヤジの歌だと思っていた歌を口ずさみながらお別れして来ました。

大空と大地の中で

 

思い出が多い場所で眠れる事が出来るマータンは幸せよね。

 

マータンのお骨の重さを計ったら1キロでした。(笑)

21gって映画があります。

心臓を移植する時に21g分だけ心臓の重さが減る・・・。その重さと人生の重さと意味を問い考える映画だと私は理解しています。

生前のマータンは32キロでした。

残りの31キロ分の重さを考えるとマータンは居なくなったんだと痛感。

切なくて一瞬「う〜っと」なりましたが

マータンの事だから・・・と思うと笑えちゃいました。

 

 

 

マータンの誕生日

d

 

 

 

 

 

 

 

 

5月10日はマータンのお誕生日でした。

毎年私はマータンを産んでくれた母ゴルちゃんに感謝の気持ちで一杯になります。

もうマータンもマータンの本当のママもこの世にはいないと思うけど5月10日は我が家にとって良いなのです。

e

 

 

 

 

 

 

 

 

アイちゃんも嬉しそうです。自分のケーキだと思いこんだ様子でした。

 

f

 

 

 

 

 

 

 

 

な・なんとケーキがもう一つ。(笑)

トラットリア・コルツのシェフがマータンの為に作ってくださいました。

キャー。

いや〜。嬉しいのって。マータン良かったね。より?パパR良かったね。が正解かな?

美味しく頂きましたよ。幸せ幸せ。

g

 

 

 

 

 

 

 

いつもより長くお骨前に居座るアイちゃんでした。

こんなにケーキなんて食べて大丈夫かね?とお思いの皆様、虹の橋軍団がちゃんと降りてきてワサワサとして帰りました。

 

マータンのお骨ちゃんはそろそろ北の大地に眠らせてこようと思っています。

Profile
Recent Comments
QRコード
QRコード
Recent TrackBacks
Archives